景観・まちづくりシンポジウムポスター2013
2013.02.12

アーキテクトタイタンの新烏丸オフィスエントランスを飾る連貼りしたポスター。

弊社が企画・デザインを手がけた
景観・まちづくりシンポジウム」のポスターです。

京都市景観・まちづくりセンター様のご依頼で制作致しました。

京都市広報板に数千ヶ所に貼られておりまして
お目に止めて頂いたかたも多いのではと思っております。

「私たちが担う景観・まちづくりのこれから」というテーマを
直感的にわかるようなビジュアルを作るか、
それがこのポスターのご依頼に応えるための課題でした。

・人物が使われているビジュアルには目が行きやすいという経験結果

・多世代で担っていくまちづくりとして「これからを象徴する若い女性」を起用

・生活の結果うまれた美しい景としての、町家の町並みを使う
 (観光地として整えられたものではなく)

・未来の明るさを表現する、奥行きと光りのある構図

・基調講演+3つの分科会から「選んでひとつ」ということがわかりやすいレイアウト

上記のような観点からプログラム(要件)を解いていき、
ひとつのビジュアルに落とし込みました。

結果的に、直感的で、美しく、楽しげなポスターとして
ひとつのビジュアルを作れたという評価を頂いております。

シンポジウムが2月24日(日)の開催です。
ぜひ下記よりお申し込みいただきまして、参加頂ければ嬉しく思います。

> 景観・まちづくりシンポジウム【詳細】

– – – – – – – – –

企画・アートディレクション:アーキテクトタイタン
写真・グラフィックデザイン:宮下直樹

– – – – – – – – –