エンジニアもくもく会〜3社合同勉強会 エンジニア編レポート〜
2018.01.18

昨年3月より、定期的に開催しております翠灯舎とアーキテクトタイタンとおいかぜ3社による合同勉強会~エンジニア編。JavaScript勉強会以降は、講師を呼ばずに自分たちの学びたいテーマを勉強する「もくもく会」と称して活動中です。

「もくもく会」というのは、文字通り黙々と取り組む会のことで、エンジニア界隈ではよく聞く名称です。

この3社間の勉強会では、

  • 各回毎に1社ずつ持ち回り、取り組みたいテーマを決め、事前情報をSlack(チャットツール)で共有する。
  • 「もくもく会」中は、各々自由にテーマを勉強。
  • 会後は、成果発表をしつつ、ビアバッシュ!

という取り決めをして進行しています。

今年度はエンジニア界隈で話題となっていた

  • Electron (エレクトロン)
  • Vue.js
  • TypeScript

を全3回で勉強致しました。

昨年9月に開催した第一回もくもく会のテーマは「Electron (エレクトロン)」。主催は翠灯舎。

Electronとは、Windows/macOS/Linuxで実行できるデスクトップアプリをHTML+CSS+JavaScriptといったWeb技術で開発できるフレームワークのことです。
開発環境を構築するところからスタートしましたが、事前資料をslack上でエンジニア同士がやりとりしていたこともあり、早速制作に入る方多数で、2時間あまりでテキストエディタまで作り上げるエンジニアもいました。

続いて11月に開催した第二回は「Vue.js」。主催はおいかぜ。

Vue.jsはユーザーインターフェースを構築するためのJSライブラリのことです。主催側が事前にサンプルのWordPressを準備して、REST APIでデータ取れるようにもしていたので、そちらを活用してSPA(シングルページアプリケーション)などの作成を行うエンジニアもおり、実務で使えるかの検証をしていました。

1/9に開催した第三回のテーマは「TypeScript」。主催はアーキテクトタイタン。

TypeScriptはJavaScriptの弱点や使いにくい点を改善したプログラミング言語のことです。JavaScriptには型がないため、大規模な案件でもスムーズな開発が行えるようマイクロソフト社が作った言語となります。
普段は、いきなり制作物を作る人が多いのですが、今回は圧倒的に文法を読み込む人が多く、まさに黙々と勉強するような会となりました。

会中は、黙々しているので静かな時間になりますが、口頭やSlackで自由に質問が出来、盛り上がる時間もしばしばありつつも、集中して勉強しているのであっという間。

3社共に、所属しているエンジニアは2-3名と少人数です。同じ職種の仲間が集まって会話をし知識を得たり、様々なレベル間のエンジニア同士で刺激を与えあえるような会は、1社だけではなかなかできないものなので、とても有意義でありがたい時間です。

今後もよりよい制作物をお客様に届けられるよう
3社社員一同多くの学びを積極的に取り入れていきます。

引き続きブログで報告させていただきますので、
今後とも宜しくお願いします。