アーキテクトタイタン

日本語English

アーキテクトタイタンの企業理念

「すべての答えはお客様にあり」

-「建築的思考」を基礎とし様々な分野に応用して本来の意味の「デザイン」を行なうことによって、世の中を良い方向に変えていくことを目指す企画・デザイン会社-

■社名の由来

「アーキテクト」は直接的には「建築家」という意味で、さらに「物事を構築、設計する者」という意味を持っています。「タイタン」は、京都弁で「炊きもの」を表す「たいたん」から取りました。創業時よりチームによるデザインが大きなテーマであり「それぞれの素材(=人間)の良さがしみ出して、ひとつの味をつくる」という考えを表しています。

このふたつの言葉を合わせ、
「アーキテクトタイタン(ARCHITECT TAITAN)と命名しました。

■業務内容

弊社は「企画・デザイン会社」です。
領域は、ウェブサイト制作、建築デザイン、印刷物デザイン、動画制作、写真撮影、ブランド構築と多岐にわたっています。「何でも屋」ではなく各分野における「専門家」であり、また各分野の相乗効果を生かすより良い提案を目指しています。
また、ウェブサイトの各種データベース管理、SEO(検索エンジン最適化)対策、ウェブサイトの定期的な更新業務、販売戦略の立案、売上予算管理など「運用・作業」も積極的に行なっています。これらの業務は、一般的には「デザインでは無い」と思われている業務ですが弊社ではこれらすべての業務を「デザイン」であると捉えています。

■ 「デザイン」という言葉・・・本来のデザインとは?

「デザイン」と聞くと多くの人が「絵を描くなどして、かたちを表現すること、表面を飾ること」と捉えています。しかし実はこれらはデザインの一部分でしかありません。
デザインの本来の意味とは、「ある問題を解決するために思考・概念の組み立てを行ない、それを様々な媒体に応じて表現すること」です。
まずはお客様の悩みや課題を見いだし整理すること。そしてどのような解決策があるかを考えます。これらを解決し新しい価値を生み出すためにはどのような「かたち」や「表現」「方法」があり得るかを考えます。さらにそれらが世に出た後の維持・継続、次の展開を考えます。このプロセス全てを「本来のデザイン」であると私たちは捉えています。

■アーキテクトタイタンの目標

アーキテクトタイタンは、この「本来のデザイン」を行なう会社でありたいと思っています。そしてそれら「本来のデザイン」は「世界を良い方向に変えていける」と考えています。
世の中には、残念ながら、やっつけでデザインされたものや、デザイナーの表現欲のみで作り上げられたもの、表層的な装飾のみになっているものが多数存在します。少し大げさかもしれませんが、ひとつでも多く「本来のデザイン」を考えたものが世の中に増えれば、確実に世の中を良くすることに繋がると考えているのです。小さなところからひとつずつ世界を変えていきたいと思っています。
また実際には費用やスケジュール、その他様々な制約によって、全てにおいて理想を求めることは難しいことです。完璧主義では何も進まず、折り合いもつけていく必要があります。「本来のデザイン」に沿った落しどころをしっかりと探ることもデザインの重要なプロセスなのです。
だからこそ「本来のデザイン」を行なっていく会社であるという目標をしっかりとかかげておく意味があると考えています。

■「建築的思考」の実践

創業者は、「建築設計」を通じて、「建築的な思考」を身につけました。建築的な思考は建築設計にだけ使われるものではなく、世の中の様々な「デザイン」に対して応用できると考えています。建築的思考とは、以下のような考えが基になっています。

  • 建築は人によって「使われる」ことが前提であり、当然快適に使いやすく心地よく過ごしやすいものであること。
  • 建築をつくることを通して依頼者の望んでいることを叶え、悩みを解決する。さらに依頼者の想像以上の付加価値を見いだすこと。
  • 依頼者のお金を使い、依頼者の建築を作ること。つまり依頼者の代理で建築を作っていること。依頼者が価値を見いだせないものを作ってはいけないし「デザイナーは自分の好きなものを作ればよい」というのは大きな誤解であること。
  • 向こう三軒両隣に配慮すること。それはさらにその周辺のまちなみや環境、そこに住む人・利用する人にも広がる配慮です。つまりデザイナーと依頼者以外の第三者にとっても価値のあるものを生み出すことに繋がります。

建築をつくることは、以上のように様々な使命を背負っています。どれも重要なことで本来は無視されるべきことではありません。私たちは「建築設計」を実践する中で、社会的責任が伴うことを強く意識し、これらの項目について「真剣に、本気で」取り組むべきであるというと強く思っています。そして、これらは建築以外の全ての分野におけるデザインの本質にもつながると考えます。だからこそ「建築的な思考」で「デザイン」されたものは「世の中を良い方向に変える」と考え、それを実践する私たちの存在意義だと考えています。

有限会社アーキテクトタイタン
創業者・取締役共同主宰
河原司 中川晴夫

←会社概要に戻る

トップに戻る